出資金について

出資金とは?

医療生協は「丈夫で長生きするために自分や家族の健康づくりをすすめよう。そしていざというとき、安心してかかれる診療所を持ち運営したい」。こんな思いの人がお金を持ち寄り、つくった組織です。そのお金のことを出資金といいます。

出資・利用・運営参加に結びついた出資金

出資金は組合員が自分たちのために出しあい、自分たちの事業をすすめるための元手(もとで)です(消費生活協同組合法)。組合員の出資金は、福山医療生協のエネルギーとして診療所・介護の施設や医療機器の充実、地域での健康づくりやまちづくり運動の発展のためにつかわれます。組合員は出資・利用・運営参加に主体的、積極的にかかわっていきましょう。

出資金は運営資金

サークルなどの会費は期間や金額がきまっていて、定期的に納め、使われたらそれで終わりです。しかし、生協の「出資金」は加入している間、医療生協の事業のために預けておくもの。医療生協は、その「出資金」を元手に、事業をすすめています。「出資金」は、組合員みんなの共有の運営資金です。

増資は何のために

出資金は組合員がやりたいことや夢を実現するための「元手」です。医療生協の健全な運営のためには銀行などからの「借り入れ」をなるべく少なくし、「元手」を多くすることが必要です。

積み立て増資にご協力を

いっぺんに増資するのは大変です。そのため積み立て増資をお勧めしています。班会で集まった時や外来に受診したときなどに都合のつく範囲で積み立て増資をしていただいております。みんなに役立つ、貯金と思って是非ご協力ください。(1口1,000円から何口でも結構です。)

▲ページ先頭へ▲