国保請願署名を提出します

国保請願署名を2月13日に、議長に提出します。

福山市社保協(事務局:福山医療生協)が、2月10日福山市議会各会派に議会請願の紹介議員の要請を市議会応接室で行いました。対応のあった会派には、国保運営協議会(写真左)では、医療分の値上げはあるが、後期高齢者・介護保険への支援分が減ることにより、若干の値下げの答申があったこと、子どもの均等割りの全額免除に必要な予算は1億8千万円であり、黒字分1億円、基金積立金1億5千万円を使えばできること。子ども7人に1人が貧困状態にある現状を踏まえ、対象を法定減免世帯の二人目の子どもから一人目に広げること、2割減免を5割減免に引き上げること、子ども均等割りの減免制度は全国的にも評価されており、一歩でも二歩でも進めてほしい。と要請しました。

お知らせ一覧へ戻る

 
▲ページ先頭へ▲